ウーマン

nlpとはコミュニケーションスキルを使って目標達成を目指すもの

小学校と中学校の教員

勉強する女性

書道家は特別な教育を受けなくても、自己流でなることが可能です。しかし書道家が学校で書道を教えるには、其々の学校に必要な教員免許を取得しなければなりません。なかでも小学校は、子供が正式に書道に触れる初めての機会です。そのため小学生に、書道の素晴らしさを書道家として教えることは、大きな意味があります。ただし小学校で書道を教える際には、小学校の教員免許が必要です。小学校の教員免許は、書道だけを教える免許ではなくて、全教科を教える免許です。結果として小学校の授業の大半は、担任の教員が書道を含めた全教科を教えています。したがって書道家が小学校の教員を目指すには、全教科の学習能力を向上させておくと便利です。

これに対して中学校に進学すると、小学校とは教育の内容が大きく変化します。ただし中学校に進学しても、担任の教員は存在することは、小学校と共通しています。しかし中学校は小学校とは違って、科目が増加しますから、担任だけで全教科を教えることは困難です。そこで中学校では、個々の教科によって、担当する教員が変化します。また教員自体にも、個々の教科に対する免許しか与えられていません。なかでも中学校における書道の授業は、国語の一環になりますから、国語の教員免許が必要です。反対に中学校は、国語だけ出来れば書道を教えることができます。そうした点で中学校の国語の教員免許を取得すると、書道家としてのスキルの活用が可能です。