ウーマン

nlpとはコミュニケーションスキルを使って目標達成を目指すもの

パティシエへの近道

勉強する女性

パティシエの可能性

パティシエや製菓に関する仕事は、人気のある職業です。パティスリーやカフェは、都心部だけでなく郊外にも多数出店されています。ケーキを作るためには、必ずしも資格が必要な訳ではありません。もちろん資格保持者が必要な現場は存在しますが、調理師と同様、すべての店舗に必要とされているわけではありません。しかし、近年食への安全がこれまで以上に求められ、更に消費者が菓子類に求めるレベルは格段に高くなっています。そこで、確実な知識と技術を身につけた製菓衛生士の資格保持者は、今後更に優遇されることが予測されます。また、食べるだけではなく芸術品の要素がある飴細工やチョコレート細工、クオリティの高いデコレーションケーキなどが注目を浴びています。これらのことから、製菓衛生士を始めとする製菓に携わる職業は、今後さらに活躍の場を広げていくと言われています。

パティシエになるには

前述の通り、パティシエになるためには必ずしも製菓衛生士の資格が必要とは限りません。しかし、それ相応の技術が求められるため、無資格の場合、長きにわたる修行が必要になります。一般的な方法としては、製菓に関する専門学校への進学があります。この他にも、高校で製菓衛生士の資格を取得できる学科が存在します。高校で製菓衛生士の資格を取得するメリットはいくつかあります。まず一つ目に、高卒で製菓店に就職する際に有利であることが挙げられます。高卒の時点で製菓に関する知識や技術を習得していることは、採用する店からすると大きな魅力として映ります。二つ目に、費用面が挙げられます。高校で資格を取得する場合には、資格取得に関する勉強だけでなく、当然ながら高校卒業に必要な一般教科の学習も行います。ただしあくまでも高校なので、このような学科でも通常の授業料と実習にかかる費用程度で済むことが多いのです。